明星大学

八王子活性化プロジェクト2021

「企画表現5」学生による企画プレゼンテーション

日本遺産「霊気満山 高尾山」活用の仕組み

spinach

2021年7月24日 (更新:

桑都レストラン

桑都レストランは「桑都物語を楽しく、美味しく知ってもらう」をコンセプトにしている。ターゲットは八王子氏に住む子供とその家族。ロゴマークは桑畑の地図記号を元に作成した。「食べる・解く・見る」の3つのポイントで学んでもらう。それぞれ「メニュー・ランチョンマット・内装」を工夫した。

八王子市内の人が桑都物語を学ぶ機会がない

桑都物語の構成文化財は29個あるが、すべて知っている人はどれだけいるのだろうか。八王子市の至るところに、日本遺産の幕が設置されている。しかし、桑都物語に触れる機会はそれだけで、詳しく学ぶ機会はない。構成文化財を知る場所を作ることで、八王子市の誇るべき桑都物語を学んでもらいたい。

企画内容

メニューの工夫

メニューは桑都物語の構成文化財をモチーフとして見た目にこだわった。ムササビパンケーキはムササビをモチーフとしている。パンケーキとムササビの描き方カード、桑の実ジャムペンがセットになっている。パンケーキにジャムペンでムササビを描いてもらいたい。火渡りハンバーグは火渡り祭りをモチーフとしている。ハンバーグを温めるペレットを細長くすることで、火渡り祭りの橋を連想させる。

ランチョンマットの工夫

ランチョンマットは文化財のイラストを使用した間違い探しが書かれている。間違い探しを通して、桑都物語の構成文化財を知り、身近なものに感じてもらうことが狙いだ。解く難易度は難しいものから簡単なものまで3段階。間違い探しという子供用コンテンツではあるものの、大人にも楽しんでもらえるよう考慮した。

内装の工夫

内装は桑都物語の構成文化財である八王子八景にちなんで、8つの個室を作成予定。八王子八景のイメージ色を考え、それぞれの個室に割り当てた。暖簾や座布団が対応した色になっている。個室間の差を作ることで、次回来店時にも楽しんでもらえる工夫とした。個室だけなのは、子供とその家族をターゲットにしていて、家族連れに人気があるからだ。

-日本遺産「霊気満山 高尾山」活用の仕組み

関連記事

NATURE

知ろう、八王子! 八王子日本遺産「桑都物語」をより多くの人に知ってもらうための新しい広告の提案 日本遺産を活用した八王子活性化への問題点として、「八王子に日本遺産を知っている人が少ない」「そもそも日本 …

Highest

八人の王子様 ~prince of 桑都~ 自分の好きなアイドルや俳優、キャラクターなどを熱狂的に応援する「推し活」がブームとなっています。こうした活動をする人たちは非常に行動力が高く、株式会社エアト …

山瑠璃

桑都巡りスタンプラリー 実際に日本遺産に足を運び、スタンプを貯め、スタンプカードが商品券などの割引券として利用できるイベントとなっている。スタンプの柄は場所によって異なり、期間関係なく全11種類。この …

山福

桑都こどもものがたり 解決すべき点 八王子市が実施した「市が市民協働のまちを進めているか」のアンケートでは、31.8%の人が「あまりそう思えない」という回答をしています。この結果を見て私たちは、地域内 …

PREV
山瑠璃
NEXT
Highest