明星大学

立川活性化プロジェクト2022

「企画表現5」学生による企画プレゼンテーション

ブランドメッセージ「立川くらいが、一番いい」を絡めた、立川の魅力を、効果的に発信するための方策を提案します。

立川市に若者たちがもっと興味を抱き、足を運びたくなるようなPR動画を提案します。

市民や子どもたちが「景観」に興味を持ち、その意義をわかりやすく親しみやすく理解し、まちに愛着を感じるための企画を提案します。

新しいクリーンセンターの愛称ロゴと、施設に対して市民に親しみを持ってもらうための企画を提案します。

新学校給食共同調理場の供用開始も見据え、児童・生徒、保護者への「安全・安心」で「おいしい」学校給食のPR方法を提案します。

対面でのプレゼンテーションは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、「立川市役所・学内関係者のみ」の公開としております。また、一般の方々にも広く学生たちの成果をご覧いただくため、プレゼンテーションの様子をまとめた動画を、後日配信いたします。(8月上旬公開予定)